野菜不足に注意

野菜不足解消に青汁の力を借りてみるのもアリ


一日に野菜を350g食べることが健康にいいとされていますが、同じ野菜をたくさん食べるだけでは必要な栄養素や食物繊維を取ることはできません。


食物繊維だけを見ても葉物野菜に多い水溶性の食物繊維と根菜類に多い不溶性の食物繊維があります。この二つの食物繊維が腸でバランスよく働くことで腸内の環境をよくして便秘などを解消してくれるわけです。実際の問題として、特に外食が多い人の場合は必要な野菜を食事だけで摂るのは非常に難しいといえます。


そこで活用したいのが青汁です。青汁にはいろいろな野菜の良い栄養素がバランスよく含まれているので足りない野菜の栄養素を効率よく補給することに適しています。


青汁と同じようなもので野菜ジュースもありますが、野菜ジュースの場合はビタミンなどの栄養素の他に糖分や塩分なども含まれているので、今度は糖質や塩分の取り過ぎにつながってしまいます。その点青汁ならば、バランスよく野菜の栄養素が含まれているので飲み過ぎたとしても栄養過多になる恐れがほとんどありません。


ただし、青汁だけを飲んでいたら大丈夫というわけではなくて、あくまでもサプリメントなどと同じように栄養補給食品だと思って利用しましょう。特に青汁の場合は葉物野菜を中心に作られていることが多いので、不溶性の食物繊維が足りない場合があります。


ですから普通に食事でも野菜を食べるようにして、それでも足りない分を青汁で補うという考えからで利用するとよいのではないでしょうか。


現代人の食事はおいしくてボリュームもありますが、一方で栄養が偏ってしまっているのが現状です。そういった足りない栄養素を青汁で補うことによって、新陳代謝なども良くなりますし、デトックスといった効果も期待できます。


しっかりと栄養補給ができていれば血液の流れなどもよくなり、免疫力の向上といったことも期待できるので、風邪をひきにくくなるなど毎日を健康に暮らす元気な身体作りにつながります。


一人暮らしの方へ



一人暮らしは気楽なものですが、どうしても食生活の栄養バランスが崩れやすくなります。パートナーのことを考える必要がないので、自分の好きなものだけを食べるようになってしまうのです。


これは男性にも女性にも言えることですが、自分一人だと惣菜のおかずで済ませてしまうという方も多いでしょう。調理をする機会も少なくなり、野菜の摂取も減りがちです。野菜が減ると朝の調子が悪くなり、仕事の効率も下げることになるでしょう。野菜は自律神経のバランスを整えて、ストレスが溜まりにくい状態にするメリットもあるのです。


そんな一人暮らしの方におすすめの健康食品が青汁であり、老若男女から人気があります。最近は素材を厳選して、青汁とは思えないほど美味しい商品も登場しています。


素材の品質改良によって甘さが増していますし、独自のブレンドによってジュースのように仕上がっているのです。野菜ジュースと比べても、青汁のほうが飲みやすいという方が多いほどです。


青汁の素材は葉野菜であり、特に緑黄色野菜をベースに使用しています。淡色野菜よりもカロチノイドの配合量が多く、抗酸化作用が強いのが特徴です。毎日飲んでいると風邪をひきにくくなりますし、肌の調子もよくなると評判です。


風邪をひいてから薬を飲むよりも、風邪をひかない対策のほうが重要でしょう。健康体を維持することができれば、風邪は防止できるのです。


青汁にはカリウム、カルシウム、ビタミン、食物繊維なども豊富に含まれています。特に塩分をたくさん摂っている方は、野菜を多く摂るべきなのです。野菜が不足するとカリウムの摂取が減って、ナトリウムを相殺できなくなります。


日本人は欧米人と比べて塩分の摂取量が多いため、より野菜が必要なわけです。理想的な摂取量は1日350g以上と言われていますが、これを毎日摂るのは難しいでしょう。そこで食生活に青汁を導入し、不足を解消していきましょう。野菜をたっぷりと摂っていれば、身体は格段に疲れにくくなります。


売れ筋のフルーツ青汁

 

こんな方に青汁はおすすめ

 

青汁豆知識

 

ダイエットの知識

 

野菜不足に注意

 

? ?