こんな方に青汁はおすすめ

コレステロールが高い人に青汁はオススメ?


コレステロールの数値が高いと、様々な病気に繋がるのが厄介ですが、この厄介なコレステロールを減らす効果を、青汁は持っています。生活習慣病が気になる人であれば、積極的に青汁を摂取したいところです。


ところで、コレステロールというものが、すべて悪であると考えるのは間違いです。コレステロールには、よい働きをするものが存在します。よい働きをするのが、善玉コレステロールと呼ばれるものです。過剰なコレステロールを吸収してくれる働きがあります。


問題となるのが、悪玉コレステロールです。善玉コレステロールとは違う性質を持っています。血管内に過剰に分泌されることで、血管を傷つけてしまい、動脈硬化の症状を誘発します。この状態が続くことで、生活習慣病に繋がりやすくなります。


青汁には悪玉コレステロールを吸収して、身体の外へ排出してくれる働きのある成分がたくさん含まれています。代表的なものが、食物繊維です。食物繊維は腸で吸収されにくい性質を持っており、便などの老廃物を外に押し流す効果があります。この働きのおかげで、余計なコレステロールが体内から減少します。


食物繊維には種類があり、不溶性と水溶性の2つが存在します。この内、悪玉コレステロールを排出してくれるのが、水溶性食物繊維です。


ビタミン類が豊富な青汁が多いですが、ビタミンも悪玉コレステロールを減らす際に貢献してくれます。ビタミンCには胆汁酸というものに、コレステロールを変化させる力があります。変化した胆汁酸は、自然に身体の外へ排出されます。


ビタミンEには強い抗酸化作用が備わっています。悪玉コレステロールは酸化することで、血管への悪影響が増します。この酸化を防ぐ働きを、ビタミンEは持っています。


ビタミンB群もよい効果をもたらしますが、特に注目したいのが、キトサン入り青汁です。キトサン入り青汁は血中コレステロールを低下させる効果が公的機関に認められているのが特徴です。


売れ筋のフルーツ青汁

 

こんな方に青汁はおすすめ

 

青汁豆知識

 

ダイエットの知識

 

野菜不足に注意

 

? ?