青汁豆知識

青汁と野菜ジュースの違いは?どちらを選べば良いのか?



野菜不足解消のため、青汁や野菜ジュースなどを、日頃から愛飲されている方は多いでしょう。青汁と野菜ジュースは、どちらも不足しがちな食物繊維やビタミンなどを補うのに有用とされています。それぞれに違った特徴があるこの2つですが、より健康に良いのは、一体どちらなのでしょうか。


まず、それぞれの原料を見ていくと、大きな違いがあることがわかります。青汁の原料は、ケールや大麦若葉、明日葉などが中心となっており、普段あまり食卓にのぼらないものが多めです。野菜ジュースの原料は非常に幅広くなっていますが、多くは人参やトマトなど、日頃から口にしているもので作られています。


なぜこうした違いがあるのか、それは「美味しさ」に主眼を置いているかどうか、という点にあるのでしょう。野菜ジュースは、甘みや酸味などをバランスよく整えることで、飲みやすいジュースとして作られています。100%無添加の製品もありますが、多くは甘味料や食塩などを足すことで、味を良くしているのです。


反対に青汁は、健康に良いことを目的としており、余計な添加物などは入っていないのが一般的でしょう。また、そうした違いはパッケージなどにも現れており、たとえば青汁には原料の生産地なども表記されています。多くの製品が、日本国内でとれた原料を使用しており、その生産地まで詳しく掲載しているのです。


野菜ジュースの場合、原料がどの国で作られたものか、という表記が無いことが多くあります。原料の生産地が気になる、という方の場合は、青汁を選ばれることが多いのではないでしょうか。


それぞれに違った特徴があり、どちらが良いかは人によって違ってきますが、健康に良く安全なものを口にしたい、と考えているのなら、健康にこだわって作られている青汁のほうが適しているでしょう。しかし、青汁には独特のクセがありますから、小さなお子様などには、野菜ジュースのほうがクセがなく、飲ませやすいかもしれません。


売れ筋のフルーツ青汁

 

こんな方に青汁はおすすめ

 

青汁豆知識

 

ダイエットの知識

 

野菜不足に注意

 

? ?