青汁豆知識

青汁の摂り過ぎは良くない?摂取量の目安について



現在販売されている青汁は1日に1回飲むことを想定して作られているものがほとんどです。特に水などにとかして飲む粉末タイプだと1日に1包を飲むことを想定しているため、基本的にはそう何回も飲むものではありません。


サプリメントタイプの場合も外袋などに必ず服用量が記載されていますから、青汁を飲む際にはそうした飲み方をしっかり知っておく必要があります。時折「体に良いものはいくら飲んでも良い」という極端な考えを持っている人もいるのですが、実際のところこれは全くおすすめできません。


青汁を飲むこと自体は栄養的に考えて好ましいことですが、どのような栄養素であろうとも過剰摂取は意味がないばかりか体調を壊す原因になることがあります。


では過剰摂取した場合にはどういったことが考えられるかというと、まず青汁には野菜由来の食物繊維が豊富に含まれているためお腹を壊す可能性は高いです。


確かに食物繊維自体は便通を整えるために必要な成分であり、現代人は総じて食物繊維不足の傾向にあるため青汁で補うというのは良いことです。しかし食物繊維は消化が難しい難消化性のものが多いため、大量に摂取してしまうと胃腸に負荷をかけてしまって腹痛や下痢といった症状につながるリスクがあります。


次に考えられるのがアレルギー症状です。青汁はさまざまな栄養素が豊富に含まれているというのが魅力ですが、そうした栄養素を一度に大量に摂取してしまうと体が異常自体と判断してじんましんなどのアレルギー症状を呈することがあるのです。


また腎臓などに病気を抱えている場合には青汁の成分を上手く代謝することができずに高カリウム血症などの副作用が出ることも考えられますから、そうした病気がある場合は慎重に判断する必要があるとして覚えておきましょう。
いかに青汁が優れた食品であっても「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。


良い効果だけをしっかり実感するためにも必ず適切な量と正しい飲み方を徹底するようにしましょう。



売れ筋のフルーツ青汁

 

こんな方に青汁はおすすめ

 

青汁豆知識

 

ダイエットの知識

 

野菜不足に注意

 

? ?