青汁豆知識

青汁は誰でも飲んでイイというわけではない?



青汁は手軽に野菜不足を改善出来て、健康のためには老若男女飲んだ方がよいとも言われています。ただ、特定の病気がある人は飲まない方が良いこともあります。


人工透析をしている場合や腎臓の機能が衰えている人です。青汁にはカリウムやリン、ビタミンAが豊富に含まれていますが、透析患者の人は腎臓機能が衰えていてカリウムやリン、ビタミンAを体の外に排出する機能が弱まっているためカリウムが堪りやすくなります。


高カリウム血症やカリウム中毒という症状を起こすので飲まない方がよいです。また、ワーファリンという薬を服用している人も飲めません。青汁はビタミンKという血液凝固成分に関わる脂溶性のビタミンが豊富で、血液が固まりやすくなりますが、、ワーファリンはその逆に血液を固まりにくくします。


心臓や血管の病気があり血液が固まりやすい状態になるのを防ぐ作用がありますが、青汁を飲むとワーファリンの効果を消してしまう可能性があるため飲むのは避けた方が無難です。この薬を飲んでいる人は同じ理由で納豆も食べられません。


甲状腺に異常がある人も、ケールの青汁にはイソチオシアネート類が含まれていて甲状腺ホルモンの合成を阻害します。異常がある人は飲むのを避けた方が安心で、他にもキャベツやダイコン、ブロッコリーやわさびなどにも多く含まれています。


妊婦や授乳中はオウシュウヨモギ、セリアック病だと大麦に注意が必要です。他にも食物アレルギーがあるときは表示を確認して、医師から食事制限をされている場合も飲むときには相談した方がよいです。


健康に良いと言われているなら飲んだ方がよいと思いがちですが、人によって合ったり、合わなかったりするためむやみに飲むのは逆に健康を害してしまいます。


病気などもなくアレルギーなどもないなら普通に飲んでもよいですが、病気の人やアレルギーなどがあるときには安易に飲むよりも、まずはかかりつけの医師に相談してそれから飲んだ方が安心です。


売れ筋のフルーツ青汁

 

こんな方に青汁はおすすめ

 

青汁豆知識

 

ダイエットの知識

 

野菜不足に注意

 

? ?