青汁豆知識

小さい子供・高齢者でも青汁を飲んで問題ないの?



野菜不足によい青汁は老若男女問わず、老人から子供まで飲んでも大丈夫な健康食品です。青汁には大人や子供にとっても必要な物がたくさん含まれています。


飲む量さえ守れば健康をサポートしてくれて、特に子供の成長に欠かせないミネラルやビタミンが豊富に含まれている緑黄色野菜は欠かせませんが、通常野菜嫌いな子供が多いです。


普通に料理に野菜が入っていると食べてくれませんし、忙しい合間に工夫をするのも大変です。しかし、青汁なら手軽に作れてしかも簡単に飲むことが出来ます。


緑黄色野菜で出来ているためビタミンやミネラル、食物繊維も豊富です。ミネラルが不足するとイライラしやすくなりますし、食物繊維が足りないと便秘がちになります。


薬と違い即効性はありませんが、継続して毎日飲むことで健康的な体つくりをサポートします。のむ量は商品によって異なりますが、大人なら大体1日に1袋ぐらいです。


子供の場合は野菜や果物が普通に食べられる年齢になってから、大人の半分の量ぐらいになります。大人でも子供でも体調や成長などにあわせて様子を見ながら飲んだ方がよいです。


また、飲むときにはアレルギーにも注意が必要です。原料や添加物などを確認してから、もし原料にアレルギーがあるときは避けた方がよいです。


薬ではないので副作用が出る心配は殆どありませんが、もし不調が出た時には飲むのを避けた方がよいです。味は商品によって野菜独特の青臭さがあるモノから、はちみつや他の果物が一緒に入っていて飲みやすくなっているタイプまで色々あります。


普通のタイプでもそのままストレートで飲むのが苦手なときには、牛乳や豆乳、ヨーグルトやアイス、ソーダ水などと割って飲むことも出来ます。


自分の好みに合わせて飲み方も変えることができるので、普段のジュース代わりとしても飲むことが出来ます。青汁は現在の人の問題でもある野菜不足を手軽に補える飲み物です。


普段の食事で野菜を1日に必要な量を摂取するのは難しいですが、青汁ならコップ1杯飲むだけで野菜不足を解消出来ます。


売れ筋のフルーツ青汁

 

こんな方に青汁はおすすめ

 

青汁豆知識

 

ダイエットの知識

 

野菜不足に注意

 

? ?